製品情報

  ねじ山の頂溶射スクリュー

バイメタルネジ

PTA溶接(プラズマ粉体溶接)はアーク溶接の陰極と陽極の間でアーク放電原理により溶接物と母材を完全に融合します。しかも、溶接物の希釈率(溶込み率)がきわめて低くて、溶接膜を落ちる問題はまったく存在しない。そしてスクリューの使用寿命を大幅に高めることができます。

溶射は「ニッケル、タングステン、コバルトの基合金」になって、成分はニッケル(Ni)、タングステン(WC)、コバルト(CO)、鉄(Fe)、ケイ素(Si)、ホウ素(B)、クロム(Cr)、炭素(C)を含みます。

  1. 硬度HRC 50/ 60。
  2. 硬化膜厚は1.5m/mに達して、しかも、硬度が深さによって減らしません。
  3. 正常な温度環境の下で働くと、硬度は減らしません。
  4. 優れた耐腐蝕性。
  5. 硬化膜の耐腐蝕性は一般の熱処理スクリューより2~3倍ぐらい高い。
バイメタルスクリューは、窒化スクリューと比較して非常に高い耐摩耗性と耐食性を備えています